プロミスの審査に申し込む前に確認!

プロミスを紹介する女性 画像

プロミスはお客様の立場に立ってサービス向上を目指すというCMで好感度も高く知名度もあり不安なく借入ができるキャッシングで知られています。
無利息期間もあり初めてキャッシングをする方にも人気があります。
(※プロミスポイントサービスにお申込された方が対象となります)
1万円から借りられるので少しだけ借りたい時にも自宅にいながらインターネットで申し込めるので利用者も増えています。

 

申し込みたいけれど審査が不安な方もいます。
審査でどこを見られているのか不安だという声があるのも確かです。

 

わかりにくい審査でも不安なく申し込めるように当サイトではプロミスの審査について解説しています。
審査に向けて知っておきたいことや注意点などのポイントをご紹介します。

プロミスの審査での注意点とは?

プロミスの審査は2段階に分かれています。
まずは自動審査で仮審査を行っています。
この仮審査を通ると本審査に移ります。この本審査には最短で30分かかります。
本審査で申込者のどのようなところを見ているのかは発表されていませんが、以下のポイントが重要なようです。

  • 申し込みの入力項目に嘘がある
  • すでに複数の他社から借入がある
  • 同時期に複数の他社に申し込みをしている
  • 以前に返済が遅れたり滞ったことがある
  • 職歴はどうか

プロミスは本審査で信用情報機関に申込者の信用情報を照会しています。
信用情報機関はプロミスをはじめ他社とも情報を共有し、「誰が・どこから・いくら借りて・返済状況はどうか?」などを把握しています。

 

申し込み時に嘘があるとまず信用が落ちてしまいます。
他社に借入が多かったりたくさん申し込んでいたりすると「すでに返済に困っているのではないか?返済不能に陥るのではないか?」と思われるかもしれません。
職歴が浅いと安定した収入が続くのかまだ未知数だと判断されます。

 

こうしたことを踏まえ、申し込みの入力は正しく入力しましょう。一番大切なのは信用です。
最初の借入額をできるだけ少なくすることも大切です。まずは返済しやすい額で申し込みましょう。

 

プロミスの審査で注意すべきポイントのまとめ

プロミスを紹介する女性 画像申し込みの入力事項は正確な情報を入力する
プロミスを紹介する女性 画像完済できそうな借入先があれば返済して借入先を減らす
プロミスを紹介する女性 画像まずは少額から申し込む

借入先は少ない方が有利です。
「あと少しで返済が終わるけど急がなくてもいいか!」というような借入先があれば返済してしまいましょう。
最初から高額で申し込まず最低限必要な額で申し込んでください。

 

公式HPはこちら

 

審査に不安があるなら

プロミスでは借入ができるかどうかが判断できる「3秒診断」が便利です。
公式ホームページの3秒診断のボタンをクリックして3項目を入力するだけ。
借入ができるかどうかが表示されます。

 

>>仮審査申込み<<

 

 

(※こちらは仮審査となり、実際の借入は本審査が通ってからとなります。
仮審査は目安としてください。まずは無料の仮審査をおすすめします。)


プロミスの審査memo

プロミスは、テレビのCMや新聞や雑誌などの広告などでも高い認知度を誇る、大手キャッシング業者です。
プロミスの特徴は、学生や主婦など、幅広い層からのキャッシング申し込みも受け付けているという点にあります。
(主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。)

 

特に学生キャッシングの場合、プロミスは業界の中でも比較的早く対応したことから多くのノウハウとケーススタディを持っているといえます。
そのため、学生がキャッシングを利用するにあたり、まずはプロミスに相談してみるというケースも多く、それだけ多くの利用者から支持を集めている実績があるといえるでしょう。
このように、多くの層から幅広く人気を集めるキャッシング業者であるプロミスですが、やはりキャッシング業者である以上は借り入れを受ける前に審査をクリアする必要があります。
もちろん、毎月一定の収入があり、融資の希望額がその収入とバランスがとれている状態であれば、ほとんどの場合審査は通りますが、中にはその審査が通らず、融資が受けられない場合もあります。

 

キャッシング業者の審査基準は、業者ごとにそれぞれ異なっており、もちろんプロミスにおいても例外ではなく、プロミス独自の審査基準というものがあります。
たとえばプロミスは1〜500万円まで融資を借り入れることができますが、いきなり最初の申し込みで500万円の申し込みをしても、年収が1000万円以上あり、他からの借り入れもない状態でもなければ、審査はまず通らないでしょう。
プロミスとは日本語で「約束」という意味がありますが、キャッシングの利用にはキャッシング業者と利用者との「相互の信用」があって初めて成立します。
そのため、いきなり上限まで借りようとしても「信用」がない状態であれば審査が通らないのはある意味当然といえるでしょう。

 

この「信用」という点は、プロミスに限らずキャッシングの利用において非常に重要なポイントとなります。
たとえば、プロミス以外のキャッシング業者から既に借り入れを受けている状態で申し込みをした場合、返済能力について問題があると判断される可能性があります。
そうした場合には、当然ながら審査は通りません。
また、プロミスでは融資の申し込みの際に勤務先とその勤続年数を記入する必要がありますが、入社して日が浅い場合や、短期間に転職を繰り返している場合なども、信用ができないとして審査が通らないというケースがあります。

 

プロミスの審査に通らない理由としては、この他にも「虚偽の申告」が挙げられます。
申し込み書類に記入した住所や電話番号の書き間違いや、収入の金額に差異があった場合なども、キャッシングを利用するうえでの「信用」に関わってきますので、正しく間違えないように記入するようにしましょう。
特に収入については、借り入れ金を融資してもらううえで直接関係してくる部分でもありますので、正確な数字を記入するようにしてください。
プロミスの審査に申し込む際には、こうした項目に十分注意して申し込むようにしましょう。

キャッシングについての関連サイト

JICC日本信用情報機構
借入の審査をうけるうで重要なのは信用問題。信用についての詳細はこちらのサイトで。

安心の主婦借入術
気になる総量規制についてや、主婦が借入するうえでお得に借りれる業者など比較形式で紹介されているサイトです。

プロミス審査の鉄人で検索